米下院情報委シフ議員:ロシア疑惑調査を継続-共和が打ち切りでも

更新日時
  • 「われわれの仕事は終了には程遠い」とシフ民主党筆頭理事
  • 民主党は独自に報告書をまとめ、証言記録を公開する計画

米下院情報特別委員会のシフ民主党筆頭理事は13日、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑の同委調査について、さらに30人の証言が必要だと述べ、共和党メンバーが調査打ち切りに動いているものの、自分は調査を継続する計画だと述べた。

  同筆頭理事は記者団に対し、「われわれの仕事は終了には程遠い」と語った。前日にはロシアとトランプ陣営の共謀を示す証拠は見つからず、調査を終了すると同委の共和党メンバーが述べていた。

  シフ筆頭理事は民主党が独自に結論を報告書にまとめ、その際に同委が得た証言の記録を公開する計画だと発言。「この作業を終えるには時間がかかる」とし、機密情報について情報機関が証言記録を審査する必要があるだろうと述べた。

原題:Schiff Says Russia Probe ‘Far From Done’ After GOP Shuts It Down(抜粋)

(筆頭理事のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE