英国:新年度国債発行額、11年ぶり低水準に抑制-国債価格は上昇

英国は公的財政の健全化が進む中で、国債発行額を11年ぶりの低水準に抑える計画だ。

  英債務管理庁(DMO)は2018年4月-19年3月の新年度国債発行額を1029億ポンド(約15兆3500億円)相当とする計画を明らかにした。07年4月-08年3月以来の少なさとなるが、ブルームバーグが実施したプライマリーディーラー9社に対する調査の予想中央値は982億ポンドだった。

  この発表を受け、ロンドン時間午後2時4分時点の英国2年債利回りは0.835%でほぼ変わらず。同10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.48%、30年債利回りは4bp低下の1.89%となった。

Supply Drop

Gilt issuance is projected to fall to its lowest since 2007/08

Source: DMO

原題:U.K. Cuts Gilt Sales for New Fiscal Year to Least Since 2007-08(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE