トランプ大統領:英国の元スパイ襲撃事件、ロシアが背後にいる公算大

トランプ米大統領はロシア人元スパイが英国で襲撃された事件について、ロシア政府が背後にいる公算が大きいとの見方を示した。事件はプーチン政権と西側諸国との関係をいっそう緊張させる可能性がある。

  トランプ氏は13日朝にホワイトハウスから移動する際、これまでに明らかになった証拠に基づくと事件の責任は「ロシアにあるように思われる」と発言した。

  この事件を巡っては、サンダース大統領報道官が12日、米国は英国に捜査協力を申し出たと述べていたものの、ロシアに対する非難は控えていた。一方、ティラーソン国務長官は同日、ロシアに責任があると言明し、ロシアは「世界を不安定にさせる無責任な勢力」だと批判していたが、トランプ大統領は13日にティラーソン氏を解任した。

原題:Trump Says Russia Likely to Blame for Poisoning Ex-Spy in U.K.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE