コンテンツにスキップする

イタリア:民主党、五つ星とも中道右派とも連立せず-暫定党首

  • 有権者の意向を「深く尊重、野党として、議会少数派として働く」
  • 今後数週間にどうなるかは分からないと党関係者

イタリアの与党・民主党の暫定党首を務めるマウリツィオ・マルティーナ氏は、4日の総選挙で陣営として最大の票を得た中道右派とも、第一党となった五つ星運動とも連携しないと表明した。

Reaction After Voting Closes During The Italian General Election

マウリツィオ・マルティーナ氏

写真家:Giulio Napolitano / Bloomberg

  マルティーナ氏はローマで開かれた民主党幹部の会合で、同党は有権者の意向を「深く尊重する」と述べた。選挙で民主党は史上最悪の惨敗を喫した。「引き続き国民のために働くが、野党として、議会少数派として働く」と言明した。マルティーナ氏は現政権の農業相。

  民主党は中道右派と五つ星のいずれと組んでも議会過半数を形成することができ、両陣営から接触を受けている。だが、この対応を巡り党内は分裂している。大多数は下野することを支持しているが、今後数週間にどうなるかは分からないと複数の党関係者が述べた。

原題:Italy’s Ruling Party Shuns Deals With Five Star, Center-Right(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE