米半導体企業は「非売品」-明確なメッセージ送ったトランプ大統領

  • ブロードコムは登記上の本社をシンガポールとしている
  • クアルコムは中国の華為技術と次世代無線技術で競い合う

トランプ米大統領はブロードコムが仕掛けたクアルコム買収計画を大統領令を通じ阻止することで、国家安全保障を理由に極めて重要な先端技術で中国を利することは断固拒否するとの明確なメッセージを海外投資家に送った。

  ブロードコムは登記上の本社をシンガポールに置いている。外国企業による米国の半導体メーカー、クアルコム買収を巡り米政府が懸念を強める中で、大きく浮かび上がってきたのが中国だ。クアルコムは中国の華為技術と、どちらが次世代ワイヤレス技術の開発で優位に立つか真っ向から競い合っている。

ブルームバーグのイアン・キング記者が米大統領令について伝える

(出所:Bloomberg)

  ワシントンにある戦略国際問題研究所(CSIS)で中国の経済政策を調査しているスコット・ケネディ氏は、今回の大統領令で「ほぼすべての米半導体メーカーに巨大な『非売品』というラベルが貼られた。半導体絡みの米企業買収は退けられることから、中国の事業体はそうした取引に近づけなくなる」と述べた。

Foreign Deals Killed Under Trump

Committee on Foreign Investment in the U.S. steps up opposition to takeovers from abroad

Source: Data compiled by Bloomberg

原題:Trump’s Message With Broadcom Block: U.S. Tech ‘Not for Sale’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE