トランプ政権の関税措置、議会が阻止する公算小さい

トランプ大統領

Photographer: T.J. Kirkpatrick/Bloomberg
Photographer: T.J. Kirkpatrick/Bloomberg

米共和党のコーニン上院院内幹事は12日、トランプ大統領が命じた鉄鋼とアルミニウムへの関税賦課を巡り、議会が阻止に動く可能性はほとんどないと述べた。ただ、自由貿易を支持する議員は政権に適用除外の対象拡大を引き続き働き掛けるだろうと語った。

  同党の上院ナンバー2であるコーニン議員は、関税賦課の影響を抑えるべきだと主張する議員の訴えに大統領は既に応えており、それが恐らく最も効果のあるアプローチだろうと指摘した。政権は関税発効までの期間に、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の相手国であるカナダ、メキシコを含め、適用除外の対象の検討を続ける。

  上院財政委員会国際貿易小委員会の委員長も務めるコーニン議員は記者団に対し、「われわれは立法措置なしで前進している」と述べるとともに、「貿易面で敵対的でない国々を大統領が除外しているのは前向きな展開であり、対話が続くと期待している」と話した。

原題:Congress Unlikely to Try to Block Trump’s Tariffs, Cornyn Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE