コンテンツにスキップする

ドイツ銀:取締役のボーナス3年連続見送り-行員の賞与原資は増加か

  • 広報担当者は独紙ツァイトのクライアンCEOの発言を確認
  • 2017年の行員のボーナス原資は2600億円超となる見通し-関係者
The Deutsche Bank AG logo. 

The Deutsche Bank AG logo. 

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg
The Deutsche Bank AG logo. 
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

ドイツ銀行の経営陣は、3年連続で自らのボーナスを見送った。ただ、同行の2017年通期決算は赤字となったにもかかわらず、バンカーやトレーダーらのボーナス原資は増加する見通しだ。

  ドイツ銀の広報担当者は、12人の取締役に17年の賞与が支給されないことを明らかにし、独紙ツァイトで報じられたジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)の発言内容を確認した。

  一方、行員のボーナス原資は20億ユーロ(約2600億円)超となる見通しだと、同行の計画に詳しい関係者1人が明らかにした。これは16年の支給額5億4600万ユーロを上回るが、15年の24億ユーロには届かない。ツァイト紙によると、クライアンCEOはボーナス原資が16年より「大幅に高く」なるが、15年の水準は下回る見通しだと語った

1520679163_323380040

ジョン・クライアンCEO

写真家:アンドレアス・アーノルド/ブルームバーグ

  ドイツ銀は17年のボーナス原資の額を明らかにしていない。賞与は通常3月に支給される。

原題:Deutsche Bank Management Board Waives Bonuses for Third Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE