コンテンツにスキップする

米財務長官:適用除外の対象、発効前の決定望む-鉄鋼・アルミ関税

ムニューシン米財務長官

ムニューシン米財務長官

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
ムニューシン米財務長官
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

ムニューシン米財務長官は9日、トランプ大統領が命じた鉄鋼とアルミニウムへの輸入関税賦課を巡り、発効までの15日間に適用除外を求める国・地域との交渉をまとめたい考えを示した。

  ムニューシン長官はニューヨークで記者団の質問に答え、適用除外の対象となる国・地域からの輸入品に関税が課される事態とならないよう、「15日以内に一部対応できるのが理想的だ」と語った。

  鉄鋼とアルミの輸入にそれぞれ25%、10%の関税賦課を命じた大統領は、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の相手国であるカナダとメキシコを適用除外とした。日本や欧州連合(EU)なども適用除外を米側に訴えている。

原題:Mnuchin Says U.S. Wants Tariff Exemptions Decided in Two Weeks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE