コンテンツにスキップする
Photographer: Jean Chung/Bloomberg
cojp

北朝鮮の金委員長は米国との平和協定望む-韓国紙東亜日報

A man reads a copy of the Munhwa Ilbo newspaper featuring U.S. President Donald Trump and North Korean leader Kim Jong-un on the front page in Seoul, South Korea, on Friday, March 9, 2018. Trump hailed “great progress” in talks with North Korea after agreeing to meet Kim in what would be an unprecedented summit.
Photographer: Jean Chung/Bloomberg

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は米国との平和協定締結や平壌への米大使館設置を含む外交関係樹立を望んでいる、と韓国紙東亜日報が伝えた。韓国大統領府の匿名の高官を引用している。

  同紙は韓国大統領府の当局者の話として、金委員長がトランプ米大統領との会談で平和協定や北朝鮮の非核化の可能性を取り上げる見通しだと報道。トランプ大統領は先週、金委員長と会うことに合意したが、首脳会談の時期や場所を今後決定する必要がある。

  来月開催予定の金委員長と韓国の文在寅大統領との会談では、金委員長が文化交流の再開や離散家族の再会を提起する見込み。

原題:Kim Jong Un Wants to Sign Peace Treaty With Trump, Report Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE