コンテンツにスキップする

「私の発表ではない」-退任報道でゴールドマンCEO

  • 「自分の弔辞を聞いているような気分だ」とツイート
  • 年内に退任とのWSJ報道にゴールドマン幹部ら驚く-関係者
ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインCEO

ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインCEO

Photographer: Misha Friedman/Bloomberg
ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインCEO
Photographer: Misha Friedman/Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が年末にも退任する計画だとした米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の報道について、同CEOは9日、「@WSJの発表であり、私のものではない」とツイッターでコメントした。

  ブランクファイン氏は、小説「ハックルベリー・フィンの冒険」を引き合いに出し、主人公の「ハック・フィンが自分の弔辞を聞いているような気分だ」と述べた。

relates to 「私の発表ではない」-退任報道でゴールドマンCEO

ブランクファイン氏のツイート

Twitter

  WSJは事情に詳しい複数の関係者の話として、ブランクファイン氏(63)が年内に退任し、ゴールドマンはデービッド・ソロモン、ハービー・シュワルツ両共同社長のいずれかを後任として起用する意向だと伝えていた。関係者の名前は明らかにしていない。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、WSJの報道にゴールドマンの経営委員会のメンバーは驚いたという。ブランクファイン氏は退任に向けたスケジュールをまだ設定しておらず、自身の計画について他の上級幹部と協議していなかったと関係者1人は説明した。

  ソロモン、シュワルツ両氏は、ゴールドマンの社長を長期にわたって務めたゲーリー・コーン氏がトランプ政権入りに伴い退社した後、2016年末に共同社長に起用された。コーン氏は今週、国家経済会議(NEC)委員長を辞任した。

原題:Blankfein Says Report of His Departure Didn’t Come From Him (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE