コンテンツにスキップする

ゴールドマンのブランクファインCEO、年末にも退任へ-米紙WSJ

  • ソロモン、シュワルツ両共同社長のいずれかをCEOに昇格へ
  • 両共同社長は16年末にコーン氏の米政権入り決定に伴い昇格していた

ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が早ければ年末にも退任する計画だと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

  ゴールドマンはデービッド・ソロモン、ハービー・シュワルツ両共同社長のいずれかをブランクファインCEO(63)の後任に充てる意向だと、WSJは事情に詳しい複数の関係者の話を基に伝えた。関係者の名前は明らかにしていない。ゴールドマン・サックスの広報担当者にコメントを求めたが、まだ返答は得られていない。

  ブランクファインCEOが率いるゴールドマンは金融危機を大半の競合相手より良好な状態で切り抜け、記録的なトレーディング収入を計上した。ただ、ここ数年は、マーケット事業の減速で打撃を受けていた。ブランクファイン氏は約2年前にリンパ腫と診断され化学療法の治療を受けた。

  ソロモン、シュワルツ両氏は、ゴールドマンの社長を長期にわたって務めたゲーリー・コーン氏がトランプ米政権入りしたのに伴い退社した後、2016年末に共同社長に起用された。

原題:Goldman CEO Blankfein to Step Down as Soon as Year-End, WSJ Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE