イタリア五つ星運動、他党に閣僚ポスト提示を検討-関係者

  • 政権樹立に向け民主党、同盟との協力視野-過半数確保で
  • 五つ星は総選挙で第1党も、多数派工作で敗れる恐れ

イタリアの反エスタブリッシュ政党で、4日の総選挙で政党別では最大の票を集めた「五つ星運動」が政権樹立に必要な支持を集めるため他党への閣僚ポスト提示を検討していると、複数の党関係者が語った。

「五つ星運動」のディマイオ党首

Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg

  党戦略に関する議論のため匿名を希望した2人の五つ星関係者によると、同党のディマイオ党首は中道左派で現与党の民主党から支持を取り付けたい考え。第2の選択肢として、同じく反ユーロを掲げる「同盟」と協力する可能性も捨てていない。これらが実を結ばなければ、自信を持って再選挙に向かうだろうと、この関係者は付け加えた。

  五つ星は総選挙で第一党となったが、過半数には90議席程度足りない。サルビーニ書記長率いる同盟はすでに民主党議員に接触しており、五つ星は多数派工作で中道右派に敗れる可能性がある。

原題:Italy’s Five Star Is Said to Consider Jobs-for-Votes Offer (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE