コンテンツにスキップする

ソニー、EMI音楽出版の過半数株確保へムバダラと予備交渉-関係者

  • ムバダラ、保有するEMI株売却へ買い手候補と接触を開始
  • ソニーはEMI株を約40%保有、過半数確保なら業界での地位盤石に

ソニーEMIミュージック・パブリッシングの過半数株式の確保に向けて予備交渉を行ったと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを拠点とするEMIのオーナーは、ブームに沸くストリーミング音楽市場から利益獲得を目指している。

  非公開情報を理由に匿名を条件に語った同関係者によると、UAE政府系ファンド(SWF)のムバダラ・インベストメントは、ビヨンセからキャロル・キングまで210万曲余りのカタログ(原盤のリスト)を管理するEMIの買い手候補と接触を開始した。ムバダラはソニーと協議したほか、複数の買い手候補にアプローチ。この中にはエンターテインメント企業グループや金融機関が含まれているという。

  課金ストリーミング・サービスが急成長して楽曲の著作権評価が高まる中、EMIが保有する豊富なカタログが加わると、音楽出版最大手としてソニーの地位は盤石になる。ソニーは既にEMI株式の約40%を保有している。
 
  同関係者によれば、ムバダラは保有するEMIの過半数株式を売却する意向をこれまで示唆しており、ソニーに保有株を買い取らせるか、会社全体を売りに出すのかのオプションを行使する計画。この手続きは6月末まで正式に開始することはできないが、ムバダラは価格を見定めるために既に関心を持つ向きと接触しているという。

  同関係者は、ムバダラがEMIについて少なくとも40億ドル(約4300億円)の評価を求めていると語った。これは資産家デービッド・ゲッフェン氏を含むソニー率いるグループが6年前に支払った金額のほぼ2倍。売却が成立すれば、音楽業界ではEMIのオーナーが前回変わって以来の大きな取引になる。

  売却が合意に至らなかった場合、ソニーは大手競合の一角にカタログを奪われる恐れが生じる。関係者のうち2人は、ワーナー・ミュージック・グループのオーナーで富豪のレン・ブラバトニック氏がEMIに興味を示していると述べた。

  ソニーとムバダラはいずれも協議に関してコメントを控えた。

原題:Millions of Music Hits May Soon Be for Sale. Will Sony Buy Them?(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE