コンテンツにスキップする

米テスラの最高会計責任者、個人的理由で退職-幹部の流出続く

テスラの最高会計責任者(CAO)のエリック・ブランデリズ氏が同社を去った。同社では幹部流出が続いている。

  テスラの8日の届け出によると、ブランデリズ氏は個人的理由で7日に退職した。8日の時間外取引で同社株は一時1.9%安を付けた。同社は届け出で「エリック(・ブランデリズ氏)の当社への貢献に感謝する」と指摘。同社広報担当者は詳細についてコメントを控えた。

  ブランデリズ氏に先立ち、グローバル・セールス&サービス担当プレジデントのジョン・マクニール氏や事業開発担当バイスプレジデントのダーマッド・オコネル氏、バッテリー技術担当ディレクターのカート・ケルティー氏らが同社を去っている。最高財務責任者(CFO)だったジェイソン・ウィーラー氏も昨年退社している。

原題:Tesla’s Accounting Chief Exits Company as Departures Continue(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE