トランプ政権の保護主義主導のナバロ氏、コーン氏抑えて驚異の復活劇

  • 昨年脇に追いやられたナバロ氏、貿易問題で大統領の関心取り戻す
  • 「中国による死」の著者、鉄鋼関税を強力に支持

トランプ米大統領の通商顧問で保護主義派のピーター・ナバロ氏が驚異の復活劇を演じた。

  国家通商会議(NTC)委員長を務め「中国による死」という著作もあるナバロ氏の活動は昨年、ライバルで元ゴールドマン・サックス・グループ社長の自由貿易主義者ゲーリー・コーン氏が率いる国家経済会議(NEC)に組み込まれ、同氏の影は薄くなっていた。しかしここに来てコーン氏が辞任を表明し、ナバロ氏が提唱する鉄鋼・アルミニウムへの輸入関税が国家政策として実現しようとしている。

  コーン氏の後任となる可能性さえある。それが実現する可能性は「間違いなくある」と言うのは、ナバロ氏の友人でセンター・フォー・ナショナル・インタレストで防衛問題担当ディレクターを務めるハリー・カジアニス氏だ。「トランプ氏はナバロ氏を見て、『この男のことは知っている。彼は信頼できる』と言うだろう」と話す。

  ナバロ氏の驚異の復活の一因は、トランプ氏が2017年にヘルスケアや減税に集中した後、ナバロ氏が取り組む貿易と国家安全保障に今年、再び関心を持ったことだ。2つ目の要因はナバロ氏の粘り強さで、ここ1週間はテレビカメラの前で関税計画を繰り返し擁護した。ホワイトハウス内の勢力争いでコーン氏に敗れた後、他の人なら荷物をまとめて地元に戻るところだろうが、ナバロ氏はこの問題に取り組み続け、より強力な行動の論拠を固めていた。トランプ大統領は8日、関税賦課を命じる文書に署名した。

原題:After Defeating Cohn, Trump’s Trade Warrior Is on the Rise Again(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE