コンテンツにスキップする

イタリア:国債利回りが社債上回る-ECB効果いつまで続くか

  • イタリアでは社債の半分が国債の利回りを下回っている
  • ECBのQE終了後に通常の関係が戻るだろう-BofA

イタリアでは国債利回りが社債を上回っている。欧州中央銀行(ECB)による購入が品薄な社債の値上がりに拍車をかけた。

  利回りの逆転はECBが購入を開始した後、2016年に始まった。HSBCホールディングスの欧州クレジットストラテジー責任者ジェイミー・スタッタード氏によれば、市場のゆがみは「今が最大」だ。

  利回り逆転は前例がないわけではない。欧州債務危機のさなかには投資家が国債より社債が安心だと考えただろう。しかし、バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの調査によると、イタリアでは社債の半分が国債の利回りを下回っており、極端だ。

relates to イタリア:国債利回りが社債上回る-ECB効果いつまで続くか

イタリアの社債と国債(HSBCホールディングス)

  ECBの購入対象として適格なイタリア企業の社債の総額は1030億ユーロ(約13兆5400億円)と、スペインやオランダより市場規模が小さい。また、平均の格付けは「BBB+」となりイタリアのソブリン格付けより上。

  JPモルガン・アセット・マネジメントの債券投資責任者ニック・ガートサイド氏は、社債の格上げはありそうだが「政治が行き詰まっている間、国債が格上げされる可能性は小さい」と、ハングパーラメントとなった4日の総選挙の結果に触れた。

  BofAの欧州クレジットストラテジスト、バーナビー・マーティン氏は、ECBの量的緩和(QE)終了後には社債利回りの方が国債より速いペースで上昇し、通常の関係に戻るだろうと話している。

relates to イタリア:国債利回りが社債上回る-ECB効果いつまで続くか

原題:Topsy-Turvy ECB Bond Market Has Italy Paying More Than Companies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE