コンテンツにスキップする

英アストンマーティンの高級車「ラゴンダ」、最先端EVとして復活

ラゴンダ・ビジョン・コンセプトは完全電動セダン
ラゴンダ・ビジョン・コンセプトは完全電動セダン ソース:Aston Martin
ラゴンダ・ビジョン・コンセプトは完全電動セダン
ソース:Aston Martin

英アストンマーティンはジュネーブ自動車ショーで新たなコンセプトカー「ラゴンダ・ビジョン・コンセプト」を披露した。20年余りほぼ姿を消していた高級車ブランド「ラゴンダ」が完全電動セダンとして復活した。

  アストンマーティン・ラゴンダのアンディ・パーマー社長兼最高経営責任者(CEO)は、「ラゴンダ・ビジョン・コンセプトは、当社が偉大なブランド復活を目指す車だ」と説明した。

  この車はあくまでもコンセプトカーにすぎず、パーマーCEOは多くの詳細を明らかにしていないものの、1回の充電で400マイル(約640キロ)走行できると指摘した。また、自動運転機能も搭載したゼロエミッション車となる見通しだ。

  この車は4人乗りで、前列の座席は180度回転するほか、ハンドルを左右に動かしたり格納したりすることが可能。内装には英国産ウールやシルク、カシミアが使われている。

  ラゴンダの生産は2021年までにウェールズの工場で開始する見通しで、2番目のモデルは23年までに登場する可能性がある。ラゴンダは15年に100万ドル(現在の為替レートで約1億円)の限定モデルとして一時的に復活していたが、それ以外は休眠状態にあった。

Opening Day Of The 88th Geneva International Motor Show

ラゴンダ・ビジョン・コンセプトは4人乗り

撮影:Stefan Wermuth / Bloomberg

  アストンマーティン車の需要は最近大幅に増加している。17年の販売台数は58%増の5117台と、9年ぶりの高水準を記録。売上高は48%増加し、過去最高の8億7600万ポンド(約1290億円)となった。

relates to 英アストンマーティンの高級車「ラゴンダ」、最先端EVとして復活

1回の充電で400マイル走行可能

ソース:Aston Martin
relates to 英アストンマーティンの高級車「ラゴンダ」、最先端EVとして復活

1100馬力の「ヴァルキリーAMRプロ」はアストンマーティン史上最強モデル

ソース:Aston Martin

  アストンマーティンはラゴンダと共に、1100馬力のサーキット専用ハイパーカー「ヴァルキリーAMRプロ」も公開した。この車の性能はフォーミュラワン(F1)車に匹敵し、最高速度は時速223マイルを超える。アストンマーティン史上最強のモデルだ。

relates to 英アストンマーティンの高級車「ラゴンダ」、最先端EVとして復活

ヴァルキリーAMRプロはF1車に匹敵する性能

ソース:Aston Martin

原題:Aston Martin Revives Lagonda Luxury With a Radical Electric Sedan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE