コンテンツにスキップする

米ウーバー、レバレッジドローン市場で1330億円調達目指す-関係者

  • 銀行経ずに投資家から資金を直接調達することを目指している
  • 16年にもモルガンSを通じてレバレッジドローン市場を利用

米配車サービスのウーバー・テクノロジーズは、米レバレッジドローン市場で12億5000万ドル(約1330億円)の調達を目指している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ウーバーが同市場を利用するのは2回目となる。

  情報が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、ウーバーは銀行を経由せずに直接資金を借り入れるためにローン投資家への打診を開始しており、資金調達について協議するために9日に会合を予定している。

  ウーバーは2016年に11億5000万ドルを借り入れるためにレバレッジドローン市場を利用。モルガン・スタンレーがこれをアレンジした。

  ウーバーの広報担当者は7日遅くに今回の計画を確認した。

  ブルームバーグの集計データによると、ウーバーは16年のローンの他に22億ドルの与信枠を確保している。

原題:Uber Seeks $1.25 Billion Loan Deal in Return to Debt Market (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE