中国のグルメ向け3万円ステーキに照準-豪女性富豪、飼育牛増やす

  • S・キッドマンは肉牛の飼育数を約25%増やす計画-ロブ氏
  • 豪州の中国向け牛肉輸出は17%拡大する見通し-ABARES

オーストラリア首位の女性富豪ジーナ・ラインハート氏は、肉牛の飼育数を増やしている。中国のグルメたちに向けてプレミアムステーキの供給を増やすためだ。豪州は世界3位の牛肉輸出国。

ジーナ・ラインハート氏

撮影: Carla Gottgens/Bloomberg

  ラインハート氏率いる豪鉱山会社ハンコック・プロスペクティング傘下のS・キッドマンは、肉牛の飼育数を2-3年以内に25%増やし約20万頭とすることを目指している。S・キッドマン取締役のアンドルー・ロブ氏が明らかにした。同社が保有する牧場は計約8万平方キロメートルと、オーストリアの面積に匹敵する。同社は、海外の顧客向けにプレミアムブランドを構築しつつある。

  ロブ氏はキャンベラでのインタビューで、中国では一部のプレミアムステーキには最高360豪ドル(約3万円)の値が付くと指摘。キッドマンは、主に水の供給量を増やすことにより牧場の収容能力を増強する。牧場はしばらくの間、改善されていなかったと述べた。ロブ氏は豪州の前貿易・投資相で、2015年に中国と自由貿易協定(FTA)を締結した。

  豪農業資源経済科学局(ABARES)によれば、豪州の中国向け牛肉輸出は17年7月-18年6月に約17%増加し12万2000トンになると予想されている。中国の牛肉需要は過去10年間に30%余り拡大。国内生産が追い付かず、輸入は過去最高水準に達している。

原題:$280 Steak in China Sees Australia’s Richest Woman Expand Cattle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE