コンテンツにスキップする

エアバス:A380などの生産率低下、欧州の従業員3700人に影響も

欧州の航空機メーカー、エアバスは7日、問題を抱えている2つの航空機製造プログラムでの生産率低下が最大3700人の雇用に影響する可能性があると発表した。

  エアバスの資料によれば、人員削減があり得るのはフランスとドイツ、英国、スペインの拠点。受注が低調な超大型旅客機A380の生産が2020年から年6機、製造の遅れとコスト超過などに見舞われている軍用輸送機のA400Mは8機にそれぞれ減少することが背景。

原題:Airbus’s Superjumbo, A400M Cutbacks Put 3,700 Jobs at Risk (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE