コンテンツにスキップする

トランプ関税「好きじゃない」、コーン氏採用考えず-モルガンS首脳

  • 鉄鋼・アルミ関税は貿易相手国からの報復につながるとゴーマン氏
  • コーン氏を採用しようと思うかと問われ、「ありがたいが、ノーだ」

米銀モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、トランプ米大統領が打ち出した鉄鋼・アルミニウムへの輸入関税が「好きではない」と述べ、貿易相手国からの報復につながるとの見方を示した。

  ゴーマンCEOは7日にCNBCに対し、「貿易戦争にはいつでも突入できるが、同盟国、わが国が多くの物品を輸出する国々とそれを行うことは、必ずしも最善の策ではない。今後24時間以内に節度ある調整が行われればいいのだが」と発言。貿易赤字でなく、財政赤字が米国にとって最大の問題だと指摘した。

  米国家経済会議(NEC)委員長の辞任を表明したゴールドマン・サックス・グループ元幹部のゲーリー・コーン氏を採用しようと思うかとの質問には、「ありがたいが、答えはノーだ。ゲーリーは好きだが、われわれのチームに私は非常に満足している」と語った。

原題:Morgan Stanley CEO Gorman Says He’s ‘Not a Fan’ of Trump Tariffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE