コンテンツにスキップする

EU、メイ英首相の願い受け入れず-規則の「相互承認」認めない方針

  • 英国の銀行は「受け入れ国の規則の下で」営業可能-交渉指針草案
  • 英政府と企業、離脱後もEU単一市場への広範なアクセス求める

欧州連合(EU)を離脱した後の英国と結ぶ自由貿易協定(FTA)について、EUが描く構想は英政府や企業を失望させそうだ。英政府や企業は、銀行などサービス業にEU単一市場への広範なアクセスを保証する野心的な協定を求めている。

  EU加盟国の首脳で構成する欧州理事会は、英国との将来の関係に関する交渉指針の草案で、英国の銀行は「拠点設立の権利も含め、受け入れ国の規則の下で」EU内で営業することが可能になると説明。EUと英国が「もはや共通の規則や監督機関、法執行、司法の枠組みを持たない」という事実を反映させると続けた。草案はブルームバーグが入手した。

  草案が言及した「受け入れ国の規則の下で」とは、EUと英国で規制の「相互承認」はしないことを意味している。英国に拠点を置く金融業は、EU離脱後にEUで複数の免許を取得する手間を省き、安定した枠組みになるとして、この相互承認の実現を呼び掛けていた。

原題:EU Shoots Down May’s Brexit Demand for Maximum Access For Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE