コンテンツにスキップする

オンラインショッピングの活況が駆り立てる製紙・包装業界のM&A

  • インターナショナル・ペーパーがスマーフィット・カッパに買収提案
  • アイルランドのスマーフィットは条件が低過ぎると拒否

世界的なオンラインショッピングの活況を背景に、製紙・包装関連業界で史上最大規模の買収提案が持ち上がった。

  世界最大の製紙会社、米インターナショナル・ペーパー(IP)は6日、アイルランドの紙製包装材メーカー、スマーフィット・カッパ・グループに、同社価値を86億ユーロ(約1兆1300億円)と評価した買収提案を行ったことを認めた。スマーフィットは条件が低過ぎるとしてこの提案を拒否したが、IPはM&A(合併・買収)協議に今後も積極的に関わっていく姿勢を表明した。

  IPは発表文で、「関係者の間で今回の取引によって見込まれる価値の創造について協議を深める前に、6日午前に提案が公になってしまったことが当社としては残念だ」と説明した。

  インベステックのアナリスト、ジェラルド・ムーア氏(ダブリン在勤)は「ゲームは終わりそうにない。今後、臆測が膨らむ。今回の取引が成功していたら、あるいは成功することになれば、業界は大きく変わることになろう」と語った。

原題:Boom Times for Online Shopping Stoking Mega Packaging Bid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE