コンテンツにスキップする

為替市場が備える貿易戦争へのロードマップ-ニッチを探る動きも

  • 米国の輸入関税に対する報復措置のリスクを投資家は勘案
  • 一部のファンドは逃避先求める、世界景気拡大に賭けてヘッジも

米国が脅しをかけている輸入関税問題が、全面的な貿易戦争に発展するのかどうかを見極めるのを待たずに、外国為替市場の投資家が動き始めている。   

  一部のマネーマネジャーは円といった伝統的な逃避先に一斉に資金を向け始め、その他は全体的に通貨のエクスポージャーを縮小している。この騒動で大した影響は出ないと思っている投資家でさえ、万が一に備えてヘッジを進めている。トランプ米大統領が表明した鉄鋼とアルミニウムに関税を課す方針が報復関税を招き、世界的な経済成長が頓挫してしまうことが懸念される。6日のコーン米国家経済会議(NEC)委員長の辞任は国内投資家の不安感を刺激して円が上昇、メキシコ・ペソとカナダ・ドルは下げた。
  
  コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツのポートフォリオマネジャー、ジーン・タヌッツォ氏は「通貨は敏感だ。わずかなエクスポージャーでも大きなインパクトが起こり得る」と述べた上で、「通貨エクスポージャーという点で、あえて危険を冒すことはしないというマネジャーが増えてくるだろう」と語った。

  トレーダーらは初期反応として円の持ち高を増やし、それよりも小さい規模でスイス・フランを買った。

Yen Wins

  一部の投資家は、世界的な景気拡大によって貿易摩擦を乗り切る方に賭ける。約1700億ドルを運用する英GAMのマネーマネジャー、エイドリアン・オーウェンズ氏は、貿易に関する誇張的な発言を無視していない。同氏にとってこの状況のかじ取りで最良の方法とは、一時的なボラティリティーに耐え得る強い推進力を持つ国の通貨を通して行うことだ。ノルウェーとスウェーデンに注目する同氏はノルウェーについて、割安であり指標は同国景気の強さを示していると述べた。

  「われわれはある種独特な動きを好む」というオーウェンズ氏は「貿易戦争という点でトランプ氏との関係が悪化することが1つのリスクだと認識している」と語った。貿易摩擦に陥って世界経済の成長やノルウェー産石油の需要が阻害された場合に同国通貨クローネ安のリスクから守るため、同氏は円の上昇で利益が得られるようなポジションを通じてヘッジしている。

           

国際金融研究所のブルックス氏、ドルとトランプ大統領の関税方針について語る

(出所:Bloomberg)

     


Krone in Favor

原題:A Trade-War Road Map for FX Markets: Take Cover, Find Your Niche(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE