コンテンツにスキップする

日銀ETF購入、ペース継続で年500円株価押し上げ試算も

General Views of the Bank of Japan Headquarters Ahead of Monetary Policy Meeting
Photographer: Akio Kon/Bloomberg
日銀のETF買い入れ
General Views of the Bank of Japan Headquarters Ahead of Monetary Policy Meeting
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日本銀行の黒田東彦総裁は、同中銀が当初4500億円の買い入れ限度額で2010年12月に開始した指数連動型上場投資信託(ETF)購入を拡大してきた。就任直後の13年4月に残高限度額を年間買い入れ額に変更し1兆円に設定すると、14年10月には3兆円に、16年7月に6兆円に増額。日本総研調査部の試算によると、17年末の日経平均株価2万2765円のうち、約1900円が日銀の政策効果による押し上げ分だ。

  安井洋輔副主任研究員らはバブル後高値を今年更新した日本株上昇について、世界経済回復やドル高・円安などファンダメンタルズ改善が寄与したとしつつも、「日銀買い入れが株高の呼び水効果を発揮したことは確か」だと指摘、現状ペースで購入が続けば年間約500円の押し上げが期待できるとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE