コンテンツにスキップする

イタリア民主党内で造反勢力拡大、ポピュリスト政党と協力も-関係者

  • 総選挙で惨敗の与党、党首交代で同盟や五つ星の組閣支援に道開ける
  • 党トップのレンツィ前首相は協力を強く否定、下野を主張

イタリアの与党・民主党では、トップの地位にあるレンツィ前首相に反旗を翻す動きが広がっている。関係者の1人はこれが政治的な行き詰まりの打破につながる可能性があるとみている。

TOPSHOT-ITALY-ELECTIONS-VOTE-RENZI-PD

民主党のレンツィ前首相(5日)

フォトグラファー:Alberto Pizzoli / AFP via Getty Images

  レンツィ氏は党首として4日投開票の総選挙に臨んだが、結果は惨敗。その後の記者会見で同氏は辞意を表明したが、「過激主義者らと連立を組むことはあり得ない」と述べ、勢力を大きく伸ばした反移民政党の「同盟」や反エスタブリッシュメント(既成勢力)の「五つ星運動」との協力を否定した。

  ただ、内部の協議だとして匿名を条件に述べた民主党関係者によると、レンツィ氏の党首辞任で同盟や五つ星主導の組閣に協力する選択肢が生まれている。レンツィ氏の政府批判にさらされ続けてきたジェンティローニ首相や党幹部数人は、野党に下るべきだというレンツィ氏の強固な考えに賛同していない。

  ジェンティローニ首相は6日、レンツィ氏に取って代わりうる人材の入党希望を歓迎。カレンダ経済発展相が「民主党の再興に尽力するため」入党したいと表明すると、間髪入れずに「ありがとう!」とツイートし、支持を示した。

  民主党は12日に幹部の会合を予定する。ジェンティローニ氏やその他の閣僚は、首相候補に議会過半数の支持を確保するよう呼び掛けるマッタレッラ大統領に協力的とされ、意見の相違を巡りレンツィ氏には圧力がかかる可能性がある。

原題:Renzi Rebels Said to Be Open to Deal With Italian Populists (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE