コンテンツにスキップする

米シタデル、株式部門アプティゴン・キャピタルで45人削減-関係者

資産家でヘッジファンドマネジャーのケネス・グリフィン氏が創業した米シタデル傘下の株式部門アプティゴン・キャピタルは、従業員全体の約3分の1に当たる45人を削減したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。アプティゴンでは昨年以降、利益が出ておらず、グリフィン氏は先行きを懸念しているという。

  グリフィン氏は状況次第で素早く従業員削減に動く容赦ない姿勢で知られる。アプティゴンで解雇された従業員には入社から1年未満の人が数人おり、昨年12月に入社したばかりの人もいるという。

  昨年には株式部門レイブリン・キャピタルと他の部門と統合し、責任者を含む5人を解雇。2016年にはシタデルは別の株式部門サーベイヤー・キャピタルで15人程度を削減した。

原題:Citadel Cuts 45 People as Gutting of Aptigon Stock Unit Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE