コンテンツにスキップする
Photographer: MARIA ANTONOVA/AFP
cojp

ロシア軍機がシリアで墜落、32人死亡-シリア作戦開始以降で最悪

A picture taken during a press tour provided by the Russian Armed Forces on September 12, 2017 shows a Russian Kamov helicopter flies near S-300 missile system at the Hmeimim military base in Latakia province, in the northwest of Syria. / AFP PHOTO / Maria ANTONOVA (Photo credit should read MARIA ANTONOVA/AFP/Getty Images)
Photographer: MARIA ANTONOVA/AFP

ロシア国防省は軍用輸送機がシリアで墜落し、32人が死亡したと明らかにした。同機はシリアにある空軍基地に向けて着陸態勢に入っていたという。ロシアの国営メディアが報じた。

  タス通信とロシア通信(RIA)によると、シリアにあるロシアのフメイミム空軍基地で6日起きたAN-26輸送機の墜落は撃墜されたのではなく、機体の不具合が原因だった可能性が高いと、同国防省は発表。乗員6人と、乗客26人が死亡したという。

  ロシアのプーチン大統領がシリアのアサド大統領を支援して2015年9月に空爆作戦の開始を命じて以降、ロシアにとってシリアでの公式死者数は今回が最大となった。

原題:Russia Suffers Worst Syria Campaign Loss as Plane Crash Kills 32(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE