コンテンツにスキップする

米北東部、6日夜から再び強い嵐か-NYなどで20センチの積雪予報

ニューヨークなど米北東部は先週強い嵐に見舞われたが、6日遅くから再び嵐となり、重く湿った雪が降る見通しだ。空の便が混乱したり停電が発生する恐れがある。

  北東部は先週、「ノーイースター」と呼ばれる発達した低気圧に襲われたばかりだが、ホームタウン・フォーキャスト・サービシズ(ニューハンプシャー州ナシュア)の気象予報士ロブ・キャロラン氏によれば、今回の嵐でもニューヨークやボストンで最大8インチ(約20センチメートル)の積雪となる可能性がある。

  最もひどい降雪が予想されるのは7日。ペンシルベニア州東部からメーン州にかけて大雪警報が発令されており、一部地域では積雪量が最大14インチに及ぶ恐れがある。

原題:Heavy, Wet Snow Set to Drop on New York, Northeast Wednesday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE