コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米関税ぎりぎり阻止狙い、コーン氏が8日ホワイトハウス会合-関係者

  • トランプ大統領は出席予定、アルミ・鉄鋼利用企業の幹部招集
  • 大統領主席補佐官と商務長官、USTR代表、NTC委員長も参加
The White House stands in Washington, D.C., U.S., on Friday, Nov. 3, 2017. U.S. President Donald Trump said this morning he doesn't remember much about a March 2016 meeting in which a campaign foreign policy adviser raised the idea of seeking meetings with Russian officials and then continued contacts with Russian intermediaries.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米国家経済会議(NEC)のコーン委員長は、トランプ大統領によるアルミニウム・鉄鋼への高率関税実施をぎりぎり阻止しようと、輸入金属を利用する米企業幹部をホワイトハウスに8日招いて大統領と協議する会合を設定した。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  匿名を条件に話した同関係者によると、トランプ大統領は出席予定で、会合にはビール会社や飲料用缶メーカー、自動車メーカー、石油会社の幹部が招集される。会合にはケリー大統領首席補佐官とロス商務長官、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ナバロ国家通商会議(NTC)委員長も加わる予定。

  コーン氏は関税を課せば経済に打撃を与えるとして、大統領の計画に強く反対してきた。ホワイトハウス内では、大統領が輸入制限を強行すれば、コーン氏は辞任するとの見方もある。

原題:Cohn Tries to Head Off Trump Tariffs With White House Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE