コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

世界の高リスク融資4800兆円、15%は中国のシャドーバンク

  • システミックリスク引き起こし得る影の銀行資産、世界で7.6%増加
  • FSBが調査対象の29カ国・地域のデータを基に試算
People look at the view from the observation deck at the Shanghai World Financial Center as the Jin Mao Tower, center, and the Oriental Pearl Tower, right, stand in Shanghai, China, on Monday, Feb. 26, 2018. Xi Jinping\'s decision to cast aside China\'s presidential term limits is stoking concern he also intends to shun international rules on trade and finance, even as he champions them on the world stage.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国のシャドーバンク(影の銀行)は相対的にリスクが高い世界の非銀行融資全体の約15%を占めている。金融安定理事会(FSB)が報告書で指摘した。

  FSBが5日公表した報告書によれば、システミックリスクを引き起こす可能性のある与信に関連した世界の影の銀行資産は2016年に7.6%増の45兆2000億ドル(約4800兆円)相当に膨らみ、このうち中国企業が7兆ドルを占めた。中国とルクセンブルクは初めてデータを提供したという。

  FSBは調査対象の29カ国・地域の金融業界の規模を大まかに推計した後、金融安定へのリスクとなり得る非銀行の与信仲介活動に対象を絞り込んだ。範囲を絞り込んだ部分は、これら対象国・地域の金融システム資産全体の13%に相当する。

原題:China Shadow Banks May Pose a $7 Trillion Risk to Stability (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE