コンテンツにスキップする

トリプルショックでECB「安全第一」か-8日政策委で忍耐正当化も

  • ドラギ総裁に対し、一部政策委メンバーはガイダンス変更求め圧力
  • 国際貿易戦争リスクにイタリア政治、ユーロ圏景気には不透明感も

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は8日に開く政策委員会を控えて、安全第一となることを正当化するトリプルショックに見舞われた。
 
  トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムへの高率関税適用を表明し、国際貿易戦争の不安が高まる一方、ユーロ圏有数の経済大国で高債務国であるイタリアの総選挙で、反既成勢力を掲げる政党が台頭し、同国の政治情勢の先行き不透明感が強まった。さらに上向き傾向にあったユーロ圏景気がスピードバンプ(減速帯)に乗り上げている可能性を示す兆候も見られる。

  ドラギ総裁は、政策担当者は忍耐強く刺激策を続ける必要があると繰り返し述べており、政策委の前に重なった悪いニュースは、その論拠を強める方向に働く。また、資産購入の終了が近いと示唆する方向へのガイダンス変更を強く求める政策委メンバーは、勢いをそがれるかもしれない。

Getting Spooked?

  ロンドンのマーサーで資産アロケーション責任者を務めるルパート・ワトソン氏は「それが政治的なものであれ、経済的なものであれ、いかなる種類のショックが起きても、ECBがハト派過ぎて失敗するくらい慎重に対応する期間がさらに1年程度続くだろう。100%その必要がなくなるまで金融刺激策を継続するとドラギ総裁は非常にはっきり述べている」と指摘した。

  ABNアムロのエコノミストのニック・コウニス氏も、「ドラギ総裁はいかなる変更も急いでいない。コミュニケーションの重要な修正を現時点で行えば、混乱を招きかねず、テーパリングの準備が整うまで待つ方がよいだろう」と分析した。

As Far As The Eye Can See

Unwinding Stimulus

Milestones on the ECB's path toward monetary-policy normalization

Source: Bloomberg survey of economists conducted Feb. 23-28

Note: Timeline shows dates by when most economists predict a given action

原題:Draghi Given Triple Whammy of Reasons to Demand ECB Patience(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE