コンテンツにスキップする

「ゴラム」と呼ばれたドイツ銀元トレーダー、LIBOR不正で罰金

relates to 「ゴラム」と呼ばれたドイツ銀元トレーダー、LIBOR不正で罰金
relates to 「ゴラム」と呼ばれたドイツ銀元トレーダー、LIBOR不正で罰金

ドイツ銀行の元トレーダー、ギヨーム・アドルフ氏はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作に絡んだとして18万ポンド(約2640万円)の罰金を科された。同氏は、LIBOR不正操作の共謀で有罪が確定したトム・ヘイズ受刑囚から、「ゴラム(指輪物語の登場人物)」と呼ばれていた。

  英金融行動監視機構(FCA)が5日、同氏に対する罰金を発表。金融業界に同氏は適さず、妥当でもないとして、業界での就労禁止措置も明らかにした。

  FCAの法執行担当ディレクター、マーク・ステュワード氏は「アドルフ氏はLIBOR提出の規範を無視し、ドイツ銀行が申告した金利のいくつかに不適切に影響力を行使した」と指摘、LIBORの信頼を揺るがしたと非難した。

  アドルフ氏は電子メールで、ドイツ銀行は利益相反の管理や訓練の機会を提供しなかったとし、金融以外の職種に移る用意はできていると話した。LIBOR不正操作は世界各地の当局が10年前に調査を開始し、これまでに十数社に対しおよそ90億ドル(約9530億円)の罰金が科されている。ドイツ銀は罰金や解決金として、米国や英国、欧州の当局に35億ドル以上を支払った。

原題:Ex-Deutsche Bank Trader Called Gollum by Tom Hayes Fined (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE