Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

フォードは今年2000人レイオフへ、ピックアップやSUV用設備刷新

  • 同社は販売低調なセダンから、トラックやSUVにシフト
  • 利益拡大を推進するハケットCEO計画の一環
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

フォード・モーターは約2000人の従業員を年内にほぼ6カ月間レイオフ(一時解雇)する。同社はピックアップトラック「レンジャー」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「ブロンコ」の生産に向けミシガン州の工場を刷新する。

  フォードが同州に届け出た文書によると、デトロイトの西方にあるウェインの組立工場で5月7日から10月22日まで従業員が一時解雇される。同工場では売れ行きが低調なコンパクトカー「フォーカス」とハイブリッド車「C-マックス」をこれまで生産してきたが、今年終盤にレンジャー、2020年にブロンコの生産をそれぞれ開始するため設備を切り替える。

  同社のジム・ハケット最高経営責任者(CEO)はマージンが小さいセダンからシフトし、トラックやSUVの生産拡大を進めている。

原題:Ford to Lay Off 2,000 Workers for Ranger, Bronco Retooling (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE