コンテンツにスキップする

伊総選挙:中道右派が最大議席、反既成勢力の政党躍進-連立模索

更新日時
  • 欧州懐疑派「五つ星」と反移民「同盟」伸張、過半数獲得陣営は不在
  • レンツィ氏率いる与党・民主党などの中道左派連合は低迷

4日投開票のイタリア総選挙では、反エスタブリッシュメント(既成勢力)政党が躍進した。同国有権者は長引く景気悪化や増税、移民流入を理由に、既存の主要政党を拒否、この結果、同国政治の行方は混沌としている。

  5日午前3時(日本時間同日午前11時)時点で、総選挙の勝者とみられるのはユーロ懐疑派の「五つ星運動」と、中道右派連合の一角を成す反移民の「同盟」。これら両党が中道グループの票を奪ったため、中道左派を含めた3陣営のいずれも過半数に達せず、政権発足まで連立交渉が続く見込みだ。

Centre-Right Coalition Party Leaders Silvio Berlusconi, Matteo Salvini And Giorgia Meloni Attend A General Election Campaign Rally

中道右派連合のベルルスコーニ氏とサルビーニ氏

Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg

  選挙結果の当初予測では、ベルルスコーニ元首相(81)率いる中道右派連合が最大勢力となる見通しだが、躍進した五つ星運動とは僅差にとどまるもよう。単独政党では、五つ星運動が議会で最大政党となりそうだ。

  シンクタンク、ブリューゲルのアナリスト、シルビア・ メルラー氏は、「五つ星運動が連立政権の軸になるだろう」と指摘。「責任能力があることを五つ星運動が示すか、民主党ないし同盟との協議開始を選択するか。イタリア経済の短期的な将来はこれらにかかっている」と説明した。

  またベルルスコーニ氏率いるフォルツァ・イタリアが支持率で主要提携相手の同盟を下回ったことも混乱に拍車をかける見通しだ。同盟のサルビーニ党首の反移民の訴えは工業が盛んな豊かな北部から、産業が低迷している南部まで全国的に支持を得た。一方、ベルルスコーニ氏は支持率で同盟を上回れば、首相指名のキングメーカーとして動く考えだったが、同盟に及ばず、断念せざるを得なくなった。

On The Campaign Trail With Five Star Movement Leader Luigi Di Maio

五つ星を率いるディ・マイオ氏

Photographer: Geraldine Hope Ghelli/Bloomberg

  ユーロ相場は既存政党が最終的に勝利するとの見通しから、アジア時間早く、小幅上昇したが、その後、上げ幅を縮小した。

  5日遅くに投票結果が判明した後は、最初に組閣の機会を与える党首を選ぶマッタレッラ大統領の人選に注目が集まる見通し。与党・民主党のレンツィ前首相は、同党の支持率が2014年の欧州選挙時の40%余りから20%程度に低下し、この日の選挙の敗者の一人となったため、マッタレッラ大統領から選ばれる可能性は低い。
  
  サルビーニ氏と、五つ星を率いるディ・マイオ氏は選挙戦中、連携を否定したが、投票後に方針を変える可能性がある。サルビ-ニ氏は昨年10月、中道右派が過半数議席を得られなかった場合は五つ星運動の創設者、グリッロ氏に電話すると述べていた。

下院議席予測
陣営下限上限
中道右派連合225265
五つ星運動195235
中道左派連合115155
自由と平等1220
その他68
出典:RAI Television

原題:Italian Lower Chamber Seats: RAI Exit Polls (Table)(抜粋)
Berlusconi Bloc Leads 5 Star In Italian Election Exit Polls (1) (抜粋)

(アナリストのコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE