コンテンツにスキップする

帝人:米GMのトラックに炭素繊維採用-成形時間短縮し大量生産可能

  • モデルチェンジするシエラ・デナリの荷台に採用
  • 熱可塑性の炭素繊維複合材料をGMと共同開発

帝人が米自動車メーカーGMと共同で開発していた炭素繊維複合材料が、秋にも発売される予定のGMのピックアップトラックに採用されることが決まった。帝人の広報担当者、渡辺千晃氏が明らかにした。

  今回GMが採用したのは、帝人と共同で開発した成形に必要な時間が短い「熱可塑性」の炭素繊維複合材料。GMは1日、モデルチェンジするピックアップトラック「シエラ・デナリ」の荷台構造体部分に同材料を使用し、約28キロの軽量化につながったと発表した。渡辺氏によると熱可塑性の炭素繊維複合材料が自動車用途として採用されたのは世界初。BMWやポルシェ、ランボルギーニなどは加熱することで固まる「熱硬化性」の炭素繊維複合材料をすでに活用している。

  帝人はGMと2011年末にこの炭素繊維素材の共同開発を開始。その後も、帝人は17年1月に米複合材料メーカーのコンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックスを総額8億2500万ドル(約870億円)で買収し、GMの1次部材納品企業としての地位を確保していた。

   加熱すると柔らかく、冷えると固まる特性を持つ熱可塑性のメリットは成形にかかる時間が熱硬化性と比べて短いこと。渡辺氏によると、加熱すると固まる熱硬化性は成形に数時間から1日程度必要だったが、熱可塑性は1分程度で成形が可能なことから大量生産が可能で、製造コストで優位性が高いという。一方で、熱硬化性の炭素繊維はより強度が高く、航空機などでの使用実績がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE