コンテンツにスキップする

マーベルの「ブラックパンサー」が3週連続首位-週末の北米映画興収

  • ブラックパンサーの興行収入は推計6570万ドル-コムスコア
  • 新作「レッド・スパロー」と「デス・ウィッシュ」が2位と3位

週末の北米映画興行収入ランキングでは、米ウォルト・ディズニー傘下マーベルの「ブラックパンサー」が新作2本を抑えて3週連続で首位を維持した。

  調査会社コムスコアが電子メールで4日配布した資料によれば、黒人のスーパーヒーローが活躍する初の大ヒット作となったブラックパンサーの興行収入は推計6570万ドル(約69億3400万円)と、3週目の興行成績としては歴代3位。ボックス・オフィス・モジョは6500万ドルと予測していた。公開以来の興収は総額5億110万ドルと今年のトップで、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」より2日早く5億ドルを突破した。

  週末に公開されたジェニファー・ローレンス主演のスパイアクション映画「レッド・スパロー」は推計1700万ドルで2位。1974年の「狼よさらば」のリメーク版で、ブルース・ウィリスが主人公を演じる「デス・ウィッシュ」は1300万ドルを稼ぎ3位だった。

Top 10 Films
Top 10 Film Grosses
All Films Year To Date

原題:‘Black Panther’ Tops New Jennifer Lawrence, Bruce Willis Films(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE