イタリア総選挙:中道右派が優勢、ハングパーラメントに-RAI

更新日時
  • RAI下院議席予測は中道右派が225-265、五つ星が195-235
  • 出口調査での中道右派の優勢などを受けて、ユーロ相場は上昇

4日投開票のイタリア総選挙で、国営放送RAIは同日夜、ベルルスコーニ元首相率いる中道右派連合が下院(定数630)で225-265議席、ポピュリズム政党「五つ星運動」が195-235議席をそれぞれ獲得すると予測した。レンツィ前首相率いる中道左派連合は115-155議席を獲得する見込み。

  下院での過半数には316議席が必要。3陣営のいずれもが過半数に届かないハングパーラメントになる見通し。

  上院(定数315)の予想議席数は、中道右派陣営が112-152、中道左派57-97、五つ星運動75-115。

  出口調査での中道右派の優勢などを受けて、ユーロ相場は上昇している。

下院議席予測
陣営下限上限
中道右派連合225265
五つ星運動195235
中道左派連合115155
自由と平等1220
その他68
出典:RAI Television

原題:Italian Lower Chamber Seats: RAI Exit Polls (Table)(抜粋)
Berlusconi Bloc Leads 5 Star In Italian Election Exit Polls (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE