コンテンツにスキップする
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg
cojp

ECB、フォワードガイダンス変更遅らせる公算-8日に政策発表

  • 債券購入についてのガイダンス、6月までに変更か-今月はない
  • 購入終了の期日設定は7月、政策金利のガイダンス変更は9月か
The euro sign sculpture is reflected in office windows near the former European Central Bank (ECB) headquarters at night in Frankfurt, Germany.
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

エコノミストは欧州中央銀行(ECB)が8日の政策委員会会合でフォワードガイダンスを変更するとの予想を撤回した。

  ブルームバーグの調査によると、エコノミストらはECBが債券購入についてのガイダンスを6月までに変更するとみている。購入終了の期日設定は7月までの実施を予想。債券購入終了後も「相当期間」据え置くとしている政策金利のガイダンスが変更されるのは9月になると見込まれている。

Unwinding Stimulus

Milestones on the ECB's path toward monetary-policy normalization

Source: Bloomberg survey of economists conducted Feb. 23-28

Note: Timeline shows dates by when most economists predict a given action

  ドラギECB総裁は辛抱強く粘り強い金融緩和が必要との考えだ。一方、政策委員会の一部メンバーは債券購入の終了期日を明確にすることをかねて主張している。
  
  「一部のメンバーはECBのコミュニケーションのわずかな変化も市場の過剰反応を引き起こす可能性があると非常に懸念しているようだ」とデカバンクのエコノミスト、クリスチャン・テートマン氏は指摘する。「従って、ECBは資産購入に関するフォワードガイダンスを弱めるなら、政策金利のガイダンスを同じ程度強めるはずだ」と同氏は述べた。

Path to Zero

The ECB will phase out net asset purchases by the end of the year

Source: Bloomberg survey of economists conducted Feb. 23-28

原題:ECB Seen Delaying Changes to Policy Language Amid Caution (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE