コンテンツにスキップする

ブラックストーン会長、手取りの4分の1を自社投資

2017年の手取り収入が7億8700万ドル(約832億円)だったプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ブラックストーン・グループのスティーブ・シュワルツマン会長が、その4分の1相当を同社に投資した。

  ブラックストーンが1日に情報開示したもので、共同創業者のシュワルツマン会長(71)による17年中の同社ファンドへの投資は1億9660万ドルに上った。

  同業ではカーライル・グループのビル・コンウェイ共同会長が1億6180万ドル、KKRのヘンリー・クラビス共同会長が4330万ドル、アポロ・グローバル・マネジメント共同創業者のマーク・ローワン氏は1500万ドルを自社に投資している。

Key Speakers At The 2016 Milken Conference

スティーブ・シュワルツマン会長

フォトグラファー:Patrick T. Fallon / Bloomberg

原題:Blackstone’s Schwarzman Plows $197 Million Back Into His Firm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE