コンテンツにスキップする

米商務長官:鉄鋼・アルミ関税、トランプ大統領は世界全てを対象に

ロス米商務長官は、鉄鋼・アルミニウム輸入への関税について、トランプ大統領は全ての国を対象とする措置を選択した、と語った。
 
  ロス長官は2日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで「私が提示した複数の選択肢のうち、大統領が選んだのは全ての国の全製品に幅広く関税を賦課するというものだった」とした上で、「われわれは、世界の問題に世界規模で対応」し、関税を逃れるため他国を経由させるという「何度も繰り返される事象」を根絶する必要があると続けた。

  欧州連合(EU)は2日、対抗措置の一環として、ハーレーダビッドソンの二輪車、リーバイ・ストラウスのジーンズ、バーボンウイスキーを対象とした輸入関税を検討していると明らかにした。

  ロス長官は先に経済専門局CNBCのインタビューで、トランプ大統領は「反撃する」とし、「いかなる戦争でも多少の犠牲者は出る可能性がある。それは本来的な性質だ」と述べた。

ロス商務長官がブルームバーグテレビジョンでトランプ大統領が表明した輸入関税について話します

(出所:Bloomberg)

原題:Ross Says Trump Chose Global Tariffs on Steel and Aluminum (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE