コンテンツにスキップする

米北東部に記録的な嵐、発達した低気圧で各地大荒れ-空の便も欠航

米北東部では2日、「ノーイースター」と呼ばれる発達した低気圧により強風を伴った雪や雨に見舞われた。この影響で空の便は1800便余りが欠航となったほか、湾岸地域では「前例のない洪水」で家屋など建物に大きな被害が及ぶ恐れが出ている。

new york storm weather

雨の中、子どもを連れて歩く女性(3月2日、ブルックリンで)

Photographer: Mark Lennihan/AP

  ニューヨーク市では強風を伴った雨が午前中に雪に変わった。ニューヨーク州北部やペンシルベニア州、ニューイングランド地域北部では大雪に見舞われている。米気象庁(NWS)によれば、ワシントンのロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港とダレス国際空港では最大風速は時速60マイル(秒速約26.8メートル)を超えた。

  NWSの気象予報士キム・バトリック氏は「記録に残る嵐となる可能性がある。極めて危険な嵐だ」と述べた。

原題:Nor’easter Grounds Flights, Leaves Thousands Without Power (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE