コンテンツにスキップする

【米国株・国債・商品】S&P500上昇、ダウ下落-国債値下がり

更新日時

2日の米株式市場ではS&P500種株価指数が上昇。日中上げ下げを繰り返す方向感のない展開だったが終盤に上げた。トランプ大統領が関税賦課を表明したものの、厳しい保護政策にはつながらないとの観測が広がった。米国債とドルは下落した。

  • 米国株はS&P500種が上昇、ダウ平均は下げ縮める
  • 米国債は下落、10年債利回り2.87%
  • NY原油反発、関税パニックから落ち着き取り戻す-週間で下落
  • NY金は反発、貿易戦争のリスクで逃避需要

  S&P500種は終盤に上げを拡大し、この日の高値付近で終了。ダウ工業株30種平均も一時下落幅が400ドルに迫ったが、下げを縮小した。

  貿易戦争の懸念から一時売りが広がったが、その後市場は落ち着きを見せた。これは、大統領が一見すると政策に対して断固たる姿勢を取っているようでも、後に撤回するという最近のパターンから、実際に導入される関税は世界の成長を阻害しないのではという楽観が強まったことが背景。

  S&P500種株価指数は前日比0.5%高の2691.25。ダウ工業株30種平均は70.92ドル(0.3%)安の24538.06ドル。米国債市場ではニューヨーク時間午後4時48分現在、10年債利回りが6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.87%。

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は反発。トランプ政権による関税賦課が貿易戦争にエスカレートするリスクで、朝方は下げていたが、当初のパニックが幾分和らいだ。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比26セント(0.4%)高の1バレル=61.25ドルで終了。週間では約3.6%の下落。ロンドンICEの北海ブレント5月限は前日比54セント上げて64.37ドル。

  ニューヨーク金先物相場は4日ぶりに上昇。鉄鋼・アルミに関税を賦課すると表明したトランプ大統領が強硬姿勢を緩めない中、世界の市場に不安が広がり、金に安全性を求める動きが活発化した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比1.4%高の1オンス=1323.40ドルで終了した。

  ノースウェスタン・ミューチュアル・ライフ・インシュアランスのウェルスマネジメント部門の最高投資ストラテジスト、ブレント・シャット氏は「トランプ大統領が交渉者だということが常に忘れられている。人は交渉する時、最終的に望む地点から交渉することはない。きのうの関税表明は観測気球を揚げたもので、米国に対し快く何か差し出す用意があるというのであれば、こちらから報いることもあるだろう」と述べた。

  トランプ大統領は2日、「貿易戦争は良いものだ。勝つのは簡単だ」とツイートし、鉄鋼とアルミニウムに輸入関税を課す計画に対する世界の反発に立ち向かった。この関税賦課により米国に対する報復措置が予想されることから、経済成長の見通しは一段と不透明になっている。

  QSインベスターズの株式戦略責任者、ジェームズ・ノーマン氏は「人は不安になると一段と過剰に反応する傾向が強い」とし、「それが現在の市場環境だろう」と続けた。

原題:Stocks End Higher, Bonds Fall Amid Tariff Tumult: Markets Wrap(抜粋)
Crude Ends a Bad Week With a Bump Higher as Tariff Panic Eases
Potential Global Trade War Lifts Gold as Investors Seek Haven

(第7段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE