コンテンツにスキップする

韓国中銀の李柱烈総裁、続投へ-文大統領が異例の再任

  • 3月末で任期(4年)切れとなる予定だった
  • 2期目を務める韓国中銀総裁は1970年代以来

韓国の文在寅大統領は、韓国銀行(中央銀行)の李柱烈総裁の再任を決めた。大統領府が発表した。
 
  李総裁の任期(4年)は3月末で終わる予定だった。2期目を務める韓国中銀総裁は1970年代以来となる。

  李総裁の就任後、韓国中銀は5回の利下げを実施。政策金利は過去最低の1.25%まで引き下げられた。昨年11月には1.5%に利上げ。李総裁はインフレ圧力が抑制されているとして、追加利上げがあるとしても段階的なものになると示唆している。次回の政策決定会合は4月12日。

  2月にはパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が就任し、台湾中銀の総裁も交代。中国人民銀行の周小川総裁も退任が近いと見込まれており、李総裁の再任は予想外だった。
   

Bank of Korea's Benchmark Rate

原題:South Korea Reappoints Lee Ju-yeol as Central Bank Governor (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE