コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ビットコイン取引の処理速度が向上-「セグウィット」の採用進む

Lights illuminate ethernet cables on mining rigs operating inside a shipping container converted into a mobile cryptocurrency mining farm, operated by BitCluster, at Rodniki Industrial Park in Rodniki, Russia, on Tuesday, Feb. 6, 2018. Cryptocurrencies have been pummeled by a wave of bad news, including the threat of more regulation from governments including the U.S., China, South Korea and India.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

仮想通貨ビットコイン取引の処理速度が改善されつつある。
 
  ビットコイン取引の速度向上のためのソフトウエアアップグレード「セグウィット(SegWit)」の採用が進み、この技術を利用した取引がわずか3日間で3割以上増えたことが、「セグウィット・ドットパーティー」のウェブサイトで分かった。以下のチャートはセグウィットを利用した過去1週間の取引割合を示す。

segwit

  仮想通貨取引所のコインベースとビットフィネックスが最近、セグウィットを導入し、採用に弾みがついている。取引の速度アップに伴い、昨年12月は55ドル(約5800円)に達していた取引コストが今では4カ月ぶり低水準の2ドルに下がった。ただ、1日当たり確認される取引件数も20万件前後と、昨年12月の水準の半分以下になっている。

原題:Bitcoin Reaches Major Scaling Milestone as Users Adopt Upgrade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE