コンテンツにスキップする

ブラックストーンのシュワルツマン氏、17年の手取り収入840億円

  • 自社株配当が6億6100万ドルと収入の大半占める
  • 株や債券以外の資産求める投資家が増加-ブラックストーンに追い風
ブラックストーンのシュワルツマン氏

ブラックストーンのシュワルツマン氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
ブラックストーンのシュワルツマン氏
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ブラックストーン・グループのスティーブ・シュワルツマン会長が2017年に得た手取り収入は7億8650万ドル(約840億円)に達し、自身の記録としては最高となった。1日提出された同社の年次報告を基に算出した。

  シュワルツマン会長はブラックストーンを共同で創業。保有する同社株の配当が6億6100万ドルと収入の大半を占めた。残りは取引利益や給与、その他報酬から得た。シュワルツマン氏は16年に4億2500万ドルを受け取っていた。

  株式や債券以外の資産を求める投資家は増えており、PEや不動産、ヘッジファンドへのアクセスを提供するブラックストーンなどには追い風だ。シュワルツマン氏の報酬は数年にわたり米主要PE投資会社の中でトップとなっている。

原題:Schwarzman Collects $787 Million in ’17 to Rule Over Wall Street(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE