コンテンツにスキップする

インフレは「本物」かもしれない、台湾でトイレットペーパー危機

台湾の人々と世界の金融市場の共通点、それはインフレへの恐怖だ。

  台湾ではトイレットペーパーが値上げされるという報道をきっかけに、買い占めが横行。生活必需品の買いだめはやめようと、行政トップが呼び掛ける事態となった。

Toilet Paper Panic Hits Taiwan

トイレットペーパーがなくなった台北のスーパーマーケット(2月28日)

フォトグラファー:VCG via Getty Images

  トイレットペーパーの品不足はすぐに解消するだろうが、このエピソードはインフレ期待がいかに簡単に高まり得るかを示した。台湾でも世界でも、賃金停滞と人口高齢化、低成長が長くインフレを抑えてきたが、景気の上向きとともにインフレ懸念も復活しそうだ。

原題:Inflation Hawks May Be Right If Taipei Toilet Rolls Are a Guide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE