コンテンツにスキップする

米CFTC、職員の仮想通貨投資を容認-ビットコイン先物は不可

更新日時
  • 米商品先物取引委員会が倫理ガイダンスで説明
  • ジャンカルロ委員長も倫理面での指針を求めていた-広報担当

米商品先物取引委員会(CFTC)は最近、仮想通貨投資を容認すると職員に伝えた。CFTCは数週間前にビットコイン先物の取引監視を始めている。

  CFTCは倫理ガイダンスで、信用取引でないほか、職務で内部情報を得ない限り、職員はデジタル通貨の取引ができると説明。ただし、CFTCの取り締まり対象であるビットコイン先物への投資は禁止した。

Will Bureaucrats Catch Bitcoin Fever?

  

SEC Chairman Clayton And CFTC Chairman Giancarlo Testify On Virtual Currencies To Senate Banking Committee

ジャンカルロCFTC委員長

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  実際にどのくらいのCFTC職員が仮想通貨を取引しているかは不明。CFTCのダニエル・デービス法務顧問は2月5日の文書で、投資が許されるのか「多数の問い合わせ」がCFTCの倫理室に寄せられたことから、内規をまとめていると職員に伝えていた。

  ジャンカルロCFTC委員長の広報担当エリカ・リチャードソン氏によれば、同委員長も倫理面での指針を求めていた。「利益相反に当たるため、ビットコインを保有する職員は、ビットコインに関連する問題に関与すべきではないことを委員長は明確にした」と述べた。

  デジタル通貨取引に関するガイダンスは、商品の現物取引への投資を認めているCFTCの倫理規定に基づいている。
  

原題:Bitcoin-Futures Regulator Clears Employees to Trade Crypto Coins(抜粋)

(最終段落を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE