コンテンツにスキップする

ヘッジファンドはビッグデータに期待-タイガー・カブスも相次ぎ参入

  • バイキングもプラットフォーム構築のために少人数のチームを採用
  • 他の「タイガー・カブス」に倣いリターン押し上げをクオンツに期待

世界有数の規模と歴史を誇る株式ヘッジファンド運営会社を率いるアンドレアス・ハルボーセン氏も、ビッグデータの世界に足を踏み入れようとしている。

  事情に詳しい関係者の1人によれば、バイキング・グローバル・インベスターズ(運用資産額250億ドル=約2兆6700億円)は、ビッグデータ・プラットフォーム構築のために少人数のチームを採用した。チームを構成するエンジニアやアナリスト、プラットフォーム設計者らは、バイキングのポートフォリオマネジャーやアナリストへの情報提供に役立つオルタナティブ情報の収集とクリーニングを行う。

O. Andreas Halvorsen

アンドレアス・ハルボーセン氏

Scott Eells / Bloomberg

   ハルボーセン氏は、ジュリアン・ロバートソン氏が創業したタイガー・マネジメントで勤務した後、1999年にバイキングを共同で設立。データサイエンスなどに特化した人材を採用し、人工知能(AI)やクオンツ企業への投資に動く他の「タイガー・カブス(タイガー・マネジメント出身者)」に倣い、リターン押し上げの手段として、高度な数学テクニックとコンピューターを駆使するクオンツに頼ろうとしている。

  バイキングのローズ・シャーベット最高執行責任者(COO)は、コメントを控えている。

原題:Viking Hedge Fund Moves Into Big Data Following Other Tiger Cubs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE