コンテンツにスキップする

中国共産党、政府の主要人事案を内定-5日から全人代

  • 3中総会が閉幕、新華社は次期中銀総裁など具体的な人事報じず
  • 習国家主席は全人代で正式に選出され、2期目に入る

中国共産党が北京で開いていた中央委員会第3回総会(3中総会)が2月28日、政府の主要人事案などを内定して閉幕した。国営新華社通信が報じた。

  中国人民銀行(中央銀行)の次期総裁も入るとみられる3中総会での内定人事の内容を新華社は公表しなかった。

  閉幕後に発表された3中総会のコミュニケで、共産党は中国経済の一段の改革に加え、「市場が決定的な役割を担うことを阻むいかなる制約も断固として取り除く」方針を示した。また党と政府、軍、他の公的機関を巡る「機構改革」を進めるほか、中央と地方政府間の権限のバランスを取ると表明した。

  習近平氏が昨年10月に共産党総書記として2期目に入って以降、中央委員会の総会が開かれたのはこれで3度目。一連の手続きが40年前に標準化されてからは最も多い。5日から開催される全国人民代表大会(全人代)で習国家主席は正式に選出され、2期目に入ることになる。

Day Two Of The World Economic Forum (WEF) 2018

劉鶴氏

写真家:Jason Alden / Bloomberg

  中国当局は人民銀の周小川総裁の後任人事に加え、銀行業監督管理委員会(銀監会)と保険監督管理委員会(保監会)の統合も検討しているとブルームバーグは1月に報道済み。人民銀の次期総裁候補としては、習主席の経済ブレーンである劉鶴氏や銀監会の郭樹清主席、湖北省の蒋超良党委書記の名前がアナリストらから挙がっている。

原題:China Approves List of Nominees to Fill Top Government Positions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE